鹿児島県で債務整理をしてくれる弁護士・司法書士を探すには

鹿児島県で債務整理を弁護士・司法書士に依頼しようとしているあなたへ

鹿児島県で、債務整理を頼もうと検討しているあなたへ。依頼するなら、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を得意としている弁護士・司法書士事務所を選ぶほうが、うまくいく可能性が高くなります。弁護士や司法書士にも、それぞれ得意分野があるからです。このページには、債務整理を特に得意とする事務所を載せていますので参考にして下さい!また、夜中や休日に相談をしたいという場合は、メール相談を受け付けている事務所に、まずは無料相談をしてみるという手もあります!

 

鹿児島県で債務整理をしてくれる弁護士・司法書士を探すには

鹿児島県で債務整理をしてくれる弁護士・司法書士を探すには
鹿児島県で債務整理をしてくれる弁護士・司法書士を探すには
鹿児島県で債務整理をしてくれる弁護士・司法書士を探すには
鹿児島県で債務整理をしてくれる弁護士・司法書士を探すには

借金コラム

親しき仲を切り裂く借金

私はいままでの生活の中で幾度かの借入がありますが、借入先の大半は金融機関であったり消費者金融だったり、個人的関係を差し挟まないものでした。「金の切れ目が縁の切れ目」ということわざにある通り、知古の間柄における金銭の貸し借りはタブーであると戒めの気持ちもあったからです。しかし、ある時どうしようもなくなってしまい、止むを得ず知人から借入をして自らタブーを破ってしまったことがあります。今から数年前の話ですが、その頃私は仕事の激務から体調を崩してしまい、勤務を休みがちとなっておりました。非正規労働者であったため勤務日数の激減はたちまち懐を直撃してしまいます。そして運が悪いことに、その時期に私は住んでいたアパートの契約満了と転居を控えていたのです。大きな蓄えもなく、見込んでいた収入も途絶えがちになっていたので、新しい住居の契約金と引越しにかかる費用の捻出目途が立たなくなってしまいました。先延ばしにできるような状況ではありませんでしたので、急いで金策に走りましたが、金融関係は残念ながら借入枠いっぱいでしたので断念しました。八方塞がりになったので止む無く旧知の知人に頼らざるを得ませんでした。知人は渋々承知してくれましたが、法定金利の上限額を乗せ、正式な借用書を交わすという条件付きでした。私はそこでもう少し他をあたるべきだったのですが、その余裕もなく、苦渋の思いで借入をしました。しかしその出来事が知人との関係の断絶となってしまったのです。もちろんその借入は振込で完済したのですが、私は借金をした負い目から知人を遠ざけるようになり、知人も私に対しては事務的態度に終始するようになりました。まさに「金の切れ目が縁の切れ目」となってしまった痛恨の出来事だったと思います。