生活費に困ってついつい借金を重ねてしまったあなたへ【埼玉県内】

生活費のために多重債務・・・破たんする前に御相談を【埼玉県内】

日本の景気が良くなったと言われていますが、必ずしも国内が平等に良くなった訳ではありません。むしろ恩恵を受けているのは一部の人達でしょう。ほとんどの方が、収入と支出のバランスがギリギリで、生活費を出すのがやっとだと思います。そうした中、どうしても生活費がかさんだ月は「お金が足りない」という事があります。借金返済に苦しむ方の中には、浪費やギャンブルをしたわけでもなく、生活費を補てんする為にお金を借りたという方も多くいらっしゃいます。借金というものは、一度借りてしまうと、利子を返す為にもっとお金が必要になり、なかなか抜け出すことができません。そのような場合、本当に破綻する前に、法律事務所に相談して、返済計画をきちんと立て直すことを強くおすすめします。

 

生活費に困ってついつい借金を重ねてしまったあなたへ【埼玉県内】

生活費に困ってついつい借金を重ねてしまったあなたへ【埼玉県内】
生活費に困ってついつい借金を重ねてしまったあなたへ【埼玉県内】
生活費に困ってついつい借金を重ねてしまったあなたへ【埼玉県内】
生活費に困ってついつい借金を重ねてしまったあなたへ【埼玉県内】

借金コラム

返済のために生活費の無駄遣いをなくす努力をしました

ことの発端は旦那の転職でした。前職に比べて月の給料が激減となり、その足らずを借りるということで積もり積もってしまいました。勤続年数が1年ほどたち、給料内で生活できるようになったのでそれまでにお借りした借金返済を積極的に始めることとしました。1年間は借金の総額を増やさないために利息だけは返済としていました。1年後からは、元金を減らすことを目標に今まで収入支出を見直すことから始めました。生活費は、買い物に行く際使うであろうお金のみしか財布にいれないという方法を実地しました。やはり財布にお金があるとつかってしまいます。なければ使わない、というよりも使えないでしょう。誘惑に弱い私、使えない環境をつくるといった方法が自身には合っております。家計簿を毎日つけるということはしておりませんが、トータル金額のみとらえ、それがどれだけ減ったかを比較するということを行いました。数字で見るとやはり一目瞭然です。意識的に減らすという気持ちが高まりました。他には、必要限度のもののみを買うことを実施しました。今まではストック分と使用する分といった買い物をしておりました。使い切ってから購入とするのでも間に合います。賞味期限切れも防止とでき、捨てるということも無くなりました。使い切り精神がより返済を早くしたと思います。外食も週1回から月1回に減らしました。完全に減らすと日々の楽しみも無くなります。月1回であればそこまで家計に負担となりません。そういう生活を3年つづけ完済となりました。はじめから生活費を節約していれば、そもそも借金をしなくて済んだわけですが、私の場合は借金返済のために節約術を身に付けた、という感じでした。結果的には良かったのかもしれません。