<滋賀県エリア>リボ払いの返済がもう無理というあなたへ

(滋賀県エリア)リボルビング払いの返済が膨らんでしまったら・・・

リボルビング払いの怖いところは、毎月の返済額を3万円と決めたら、「いくら使っても毎月3万円返せば大丈夫」という気持ちになってしまうことです。そのため、ついついカードを使いすぎてしまい「いつのまにか借金の総額が100万円を超えしまった!」という方も珍しくありません。もしあなたが、リボ払いを続けていてどんどん借入額が膨らんでいるようなら、早めに手を打ったほうがよいです。お金の感覚が麻痺してしまっているうちは「なんとかなるさ」と思ってしまいがちですが、すでに自力ではどうしようもない可能性があるからです。

 

<滋賀県エリア>リボ払いの返済がもう無理というあなたへ

<滋賀県エリア>リボ払いの返済がもう無理というあなたへ
<滋賀県エリア>リボ払いの返済がもう無理というあなたへ
<滋賀県エリア>リボ払いの返済がもう無理というあなたへ
<滋賀県エリア>リボ払いの返済がもう無理というあなたへ

借金コラム

「リボ払い」で事実上の借金まみれ

ひと月に幾ら使っても、リボ払いにすれば定額しか引き落とされない、という特徴の罠にまんまと引っかかりました。無駄なものを買ったわけではないが、定額の3万円よりもちょっとだけ多く使う。多く使った分は来月の引き落とし額に上乗せ。でも、いくら多く使ったかまで、しっかりと覚えてなどいません。大事なのは、今月3万円が引き落とされるということだけでした。2、3ヶ月が経った頃、引き落とし額が、3万3000円といくらか・・・ということになっていました。この3000円について、何事かと思って明細を見てみたら、利息でした。その前の月の明細を見てみたら、3万1900円ほど。なんともおもっていませんでしたが、1900円の利息を払っていたようです。単純な借金だと思っていた私は大変反省しました。実は12万円ほどの借金でしかなかったのに、利息を含めると20万円でも30万円でも払う人生になるところでした。借金など二度としないと誓いました。それからはクレジットカードを持ち歩くのをやめました。現在、借金返済にはまだ苦しんでいますが、クレジット利用をしなくなったために900円ほどの利息でなんとかなっています。再来月には、全額返済できそうです。昔は、欲しいものを我慢していたらその時間がもったいない、という哲学のもと、迷ったら買うことにしていましたが、やめました。何ヶ月も迷って迷って、それでも欲しいと思うか、今の自分になくてはならないと思ったらはじめて買う事にしました。それも、現金で買います。